気になるクラウドファンディングを探そう
醤油に合う「和食専用赤ワイン」を発酵文化発祥の街・和歌山湯浅ワイナリーからお届け
醤油に合う「和食専用赤ワイン」を発酵文化発祥の街・和歌山湯浅ワイナリーからお届け
いいね!
65pt

支援額

目標金額

849,000円

200,000円

424%

支援者数

残り

104人

あと18日

湯浅ワイナリー Makuake
  • 元紀尾井町なだ万料理長 佐々木生剛も絶賛する「和食のための赤ワイン」
  • 醸造の街・湯浅が生み出す「木樽発酵・木樽熟成」の薫り高い上質ワイン
  • ケタ違いのポリフェノールを含む高級ぶどう「北杜の雫」100%使用

「湯浅らしいワインを作りたい」

これは、私たち湯浅ワイナリーが当初から考えていたことです。

和歌山の湯浅町は、醤油発祥の地。「湯浅らしさ」といわれて真っ先に思い浮かぶのは、醤油や金山寺味噌といった発酵食品と、それらを生み出す醸造技術です。そんな湯浅の魅力を街ぐるみでアピールできるワイン造りに取り組んで約3年。試行錯誤の末に完成したのが、今回Makuakeで初お目見えとなる「TOA200 -北杜の雫- 」です。

湯浅ワイナリーの工場長 西馬功は、「TOA200 -北杜の雫- 」について「普通の赤ワインと思って飲まないでほしい」と話します。その理由は「TOA200 -北杜の雫- 」が、ボルドーやブルゴーニュといった濃い赤ワインとはまったく異なるからです。

「TOA200 -北杜の雫- 」は、一口飲めばわかるほどに軽い口あたり。「赤ワイン=濃い味」をイメージして飲むと、ともすれば物足りなさを感じるかもしれません。それでもあえて、酸がしっかりしているが、しぶみのやわらかい飲み口にこだわったのは、

掲載元でチェック

このサイトについて

Cumari [クマリ] は複数のクラウドファンディングサイトのプロジェクトを集約し、 人気プロジェクト・急上昇プロジェクトを厳選して紹介するサイトです。
また、ユーザーの「いいね!」を用いた独自のランキングも提供しています。 ぜひお気に入りのプロジェクトにある♡マークを押して「いいね!」して下さい!