気になるクラウドファンディングを探そう
【能登半島地震】あなたもオリーブオーナーに!平和を願うオリーブ大植樹プロジェクト
【能登半島地震】あなたもオリーブオーナーに!平和を願うオリーブ大植樹プロジェクト
いいね!
11pt

支援額

目標金額

395,000円

3,000,000円

13%

支援者数

残り

14人

あと39日

オーガニックベース石川 Makuake
  • 石川県に平和と希望の光を!オリーブ大植樹計画、オリーブで石川・北陸を盛り上げたい
  • 過疎と耕作放棄地の課題も同時に解決する、北陸では珍しいオリーブを活用した事業を展開
  • オリーブ農園のオーナー権や、能登半島で採れたこだわり野菜や加工品を楽しめる応援団を大募集!

※本プロジェクトは災害復興支援を目的としたプロジェクトのため、応援クーポンの利用はお控えください。※応援購入金額を復興に活用させて頂くため、一般販売価格より高い金額を設定している場合があります。【プロジェクトについて】私たちは、今回の震災からいち早く立ち上がるために、平和の象徴であり、人々に希望を与えるオリーブを基軸に復興に向けて進みます。まず、3年間で1,000本のオリーブの苗木を能登半島に植えます。珠洲市、能登町、輪島市、穴水町、志賀町など被災した地区の農地を借り受けて、定植します。そして、各地の仮設住宅の玄関先にも。オリーブは苗木を定植してから3年栽培すると実をつけ、収穫できるようになります。この先、能登半島の復興に寄り添い、伴走するが如く育つオリーブと能登半島の復興。皆さまには、オリーブの成長と復興を同時に応援していただきたいです。能登地域の人口はここ10年で17%減り、過疎化や高齢化が進行しています。さらにこの度の能登半島地震の震災により、人口の流出や関係人口の減少が懸念されています。このような状況下で、もともとあった産業を復興させることとともに新たな事業を創り伸ばすことが重要だと思っています。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【きっかけ】私たちは昨年夏、珠洲市正院町川尻に拠点となる納屋を借り受け、農地を手に入れて、若い農家の卵に移住してもらい、Farmar's Village NOTOをスタートさせました。少しづつではありますが、野菜も採れ始め、村民の皆さまとの交流も始まろうかという年明けに大地震が発生。2024年1月4日、8時間半(通常なら3時間)かけて、何とか、拠点(珠洲市正院町川尻)に辿り着きましたが納屋も母屋も周辺も倒壊。2月に入り、仮設住宅が出来始めました。被災者の皆さまは少しづつですが、元の生活を取り戻そうと努力をしています。この先、能登半島や金沢市周辺に出来上がる仮設住宅の玄関先に私たちのプロジェクトのシンボルマークが付いたオリーブの苗木を配布します。200本!!2024年、能登半島に300本のオリーブを植えます!ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【Farmer's Village NOTOについて】皆さま、初めまして!オーガニックベース石川株式会社、代表取締役の洲崎邦郎でございます。(NPO法人アグリファイブ、香土カグツチ代表)昨年春にMakuakeでチャレンジ後、おかげ様で歩き始めることができた「Farmer's Village NOTO」https://www.makuake.com/project/kagutsuchi/幸いにも、畑とハウスは無事でしたが、水が止まっていることを鑑みて、今年は野々市にある香土カグツチを拠点に近くの畑を借り受けて今年一年、元祖村民の皆さまと畑をします。能登島では、10年前からオリーブ栽培をやっており、私が試行錯誤しながら、2016年から実を採り、搾油しております。今回、プロジェクトリーダーである北山卓司とは2年前の年明けに出会いました。開口一番「僕、オリーブを植えたいです!」その日から交流が始まり、今日に至っています。 彼のオリーブにかける情熱が、能登半島の復興には欠くべからざるものと確信しています。若い北山がこのプロジェクトをすることで地元の若者が呼応して農業を元気に能登半島を元気にすることを願っています!能登地域で利益を生み出す仕組みを考え実践する。いまだからこそ地域を担う若者でコミュニティを作り、管理を委託し、数年後にオリーブオイルを核とした新規産業を定着させたいです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【プロジェクトの特徴】はじめまして!プロジェクトリーダーの北山卓司と申します。私は今回、オーガニックベース石川のオリーブ事業担当として、能登地域で一大オリーブ生産拠点を作りたいと思っています。オリーブ栽培には次の特徴があります。私はこれまで富山市でオリーブを栽培しておりましたがこの度の震災をきっかけに洲崎さんの事業に共感し参画させていただきました!【オリーブ事業の将来】このプロジェクトは北陸のオリーブ栽培に携わる方々と連携してオリーブ製品を製造する工場を作り世界に販売する、農園を中心に農園カフェや宿泊施設、観光アクティビティを造成し、地域に雇用や新たな価値を生み出せるような大きな事業に発展させていきたいです。今、それを応援できるのはこの記事をここまで読んでくれた皆様です。オリーブのオーナーになって一緒に能登の未来を創りませんか?地域の課題に立ち向かい、新たな可能性を切り開くための取り組みです。皆さんの応援購入が、私や地域の人々が夢を実現し、地方コミュニティを活性化させる力となります。ぜひ私たちのプロジェクトにご興味をお持ちいただき、応援購入を賜りますようお願い申し上げます。ここまでご覧いただき心から感謝申し上げます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【リターンの紹介】国内初の能登産のオリーブオイルをお手軽に手にすることができる権利です。ただし、道のりは遠く最短でも3年後に搾油が可能です。そこでオーナー様と共に育て、広めていきたいと思っています。ぜひ定期的に開催する栽培イベントにご参加ください。※オーナー様にはシリアルナンバーを発行します。 NOTOOLIVE00101から順に発番し、マクアケメッセージにてご案内いたします。さらに能登島産のオリーブリーフパウダーのセット、香土カグツチ厳選の野菜セットをリターンにご用意いたしました。(オリーブパウダーの原材料:オリーブリーフ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【プロジェクトメンバーの紹介】オーガニックベース石川株式会社、新規事業開発担当の濱村晃司2023年春から、farmer's Village NOTOプロジェクトに参画し、中心的な役割を担っています。特に「村民サービス」に関してはデジタル会員カードを開発し、ITを介した顧客管理を行っています。今回のオリーブプロジェクトにおいても、オーナーの管理システムを担当します。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー【応援購入金額の使い道について】8月26日までに、応援購入金額の用途について、詳細を活動レポートにて報告いたします。オリーブの苗木の購入費 240万円肥料・資材の購入費    48万円Makuakeシステム利用料 12万円ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

掲載元でチェック

このサイトについて

Cumari [クマリ] は複数のクラウドファンディングサイトのプロジェクトを集約し、 人気プロジェクト・急上昇プロジェクトを厳選して紹介するサイトです。
また、ユーザーの「いいね!」を用いた独自のランキングも提供しています。 ぜひお気に入りのプロジェクトにある♡マークを押して「いいね!」して下さい!